よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主人もようやく一歩を踏み出す気持ちになり、家族が同じ方向に向かうことができそうです。

最終的に主人の背中を一押ししてくれたのが、同僚や職場の仲間です。

主人自身もきっと頭では分かっていても、なかなか腹を据えることが出来なかった苦悩があったのでしょう。

しかし、よっくんも私も状況は同じです。

新しい土地で新しい生活に、期待よりも不安のほうが大きいのは正直なところ。

それでも、これまでの色々な積み重ねがあるからこそ、自信を持って前に進んで行きたいと思っています。

何事も、丁寧にじっくりこなしていくしかないわけです。

その繰り返しです・・・


ブログを通して多くの方に見守られ、今私達親子の歩みがあります。

皆様お一人におひとりに、感謝をお伝えしたい思いです。

二年半の短い間ではありましたが、“よっくんうちゅうのたび”を見て頂きどうもありがとうございました。

よっくんはたくさんの成長を見せてくれましたが、相変わらず“変わった子”だなと思いますし、よっくんに接していくのは簡単なことではありません。

よっくんらしさは、知らない人からは可笑しな目で見られることもあるでしょう。

それでも、よっくんにしかできない旅をしていってもらいたいとの願いは変わりません。


人に愛されながら、人と一緒に上手に生きていきながら、よっくんの人生が素敵なものでありますように・・・

そして、今後も皆様の健康とご幸多をお祈りしております。      こまり@


021_convert_20140325162102.jpg


『いいとも』も、今日で最終回。

ご一緒できて、光栄です(笑)                                          


スポンサーサイト
3月に入り、毎日ほんのちょっとずつ引越し準備に取り掛かってきましたが、細かいものほどまだ使う・・・

大きいものはすでに収納ケースに納まっているし・・・

じわじわ片付けていくしかな状況の中、ようやく部屋が殺風景になるまでになりました(笑)


高校を卒業し上京してきてから今までの出会いの中で、もしかしたらもう会えなくなる人もいるかもしれないと思い、「今日はこの人と 明日はこの人と」短い時間の残された期間の中で色んな人と会って・出掛けて・食事して・・・

ここに来て季節や気候の変わり目もあり、MAX落ち着かない状況のよっくんを連れては結構しんどいものがありますが・・・

忙しい中にも時間を無駄にすることなく、みんなに引越しの挨拶ができました。

今はメールやフェイスブックやLINEなどもあるので、ひょんなことで昔の繋がりが再会することもありますし、離れてしまった友達ともいつでもコミュニケーションが取れます。

それでも長い人生を歩んでいく中で、お互いに遠ざかったりもするわけです。

そんな当然の予測も出来るので、やっぱり引越しすることでの“今回の別れ”はその時その時で寂しいものがあります。

出会いがあっての別れがあって、それが人生だと思いますので一期一会の出会いや別れを適当にやり過ごすわけにはいきません。



桜の蕾の膨らみが増す日々に、これほど寂しいと感じたことはこれまでにあったかな・・・

人生の半分近くの思い出が、この東京に詰っています。

最後まで“都会人”にはなれなかったけど(笑)、私らしく過ごせてこれたのだと色んなことを感じます。











3月も末になり、ようやく主人の転職希望先から採用通知が届きました。

元々募集などは何も無かった施設に、リハビリ職員として新たな雇用を作ってはもらえないかと、こちらから営業をかけ検討を重ねに重ね、採用決定を出して頂いた経緯となります。

主人が機能訓練士として配置してもらえることで、施設としては国からリハビリ加算がもらえるので、主人としては賭けと言うか攻めにでたわけです(笑)

主人は進行性の視覚障害があるので、家から自力で通勤できる職場を探さなければいけませんし、自分のできることを生かせる職業でなければいけませんから、そのことを考えただけでも、転職がどれだけ厳しいか自ずと知れたことでした。

まずは施設に営業をかけ、実際に会って話しを聞いてもらえ、理事会に議題としてあげてもらい、最終面接などを経ていく中で、主人の人柄や実績、何より病気のことを理解していただき判断してもらえたことは十分有難いことです。

施設としても、将来的には機能訓練士を雇いたいと思っていた方向性も以前からあったようです。

主人も何度か施設に足を運ぶ中で、働き甲斐を見出せるような印象が強く残り、また対応して下さる職員の誠意を感じることができたようでした。

ここまでみると、めでたしめでたしなのですが・・・

やはり最後まで気に掛かっているのが、給与のこと・・・

転職となると、実際問題月10万以上は収入が減ります。

もともと、今勤めている都内の施設は特別区として国からの補助の額も地方に比べたら基準が高いことなどもありますし、基本的には都内と地方では給与格差があるのは致し方ないことなのです。

ようやくここまで話が進み、後は主人が納得さえすればこの春一家揃って静岡に引っ越すことができるのですが・・・

主人は一人東京に残り単身赴任をすることや、また別の転職を探す選択肢も視野に入れ、ひとり静かにもんもんと考えています。

私だってそろそろ働きたいし少しずつ働けるようになるはずですから、収入が減ることなんて私はどうとも思っていません。なんとかなります!

よっくんにとって、家族にとって、どうするのが一番いいのか?私の思いはひとつです。

いよいよ今週土曜日には、ひとまず私とよっくんは先に静岡に引っ越します。





このたび、無事に卒園を迎えることができました。

春一番の風が舞う中、この春らしい陽気が余計に切なさを感じさせてくれます。

式典では一人ひとりに証書を渡したり、長時間厳かな雰囲気が漂う状況と、陽気の変化などで、よっくんのソワソワじっとしていられない様子が目立ちました。

側にいる先生に何度も声を掛けてもらいながら、なんとか無事に乗り切ることができました。

これまで、私はよっくんに対してずっと厳しい視点で接してきました。

親として、それはこれからも変わることはありません。

しかし、“まだまだこれから色んな訓練をしていけばいいんだ”と、優しい気持ちで見守ることができるようにもなりました。

よっくんは家に帰ってきてから、「今日は上手にできなかった。ドキドキしてふざけたりしちゃったから、ビデオに写ってたらやだな・・・」とそんな心境も話してくれました。

自分を客観視することもあるよっくんの成長はすごいなと感じます。

謝恩会では、代表で先生に花束を贈呈しましたが、先生が感極まっている様子によっくんも号泣してしまいました。

他の園児の中にも泣く子がいて、ようやく別れを実感することができたのかもしれません。

私が、悲しいね・・・と声をかけると、“かなしいんじゃなくてさみしいんだよ”と言っていました。

何でもちゃんと分かっているんだなと、頼もしさも感じました。

卒園を迎え寂しさもいっぱいありましたが、よっくんの色んな姿を見ていると、成長の嬉しさのほうが大きい一日でした。

何より、3年間ずーっと気を張って幼稚園に送り出していたので、安堵の気持ちも強くあります。

本当によく頑張ったな~と、自分自身とよっくんのことを褒めてあげたい達成感も味わうことができました。

もちろん、これで十分ということはありませんし、感傷に浸る時間もなく歩みは続いていくわけですが・・・

この3年間が今後の私達の長い人生にとって大きな支えとなってくれるであろうと、そんな一つの節目を大事に思います。

この幼稚園で3年間を過ごすことができて本当に良かったと思います。

002_convert_20140319210619.jpg

よっくん、卒園おめでとう!




週一で通っている療育施設で、3学期に立てた個別目標の評価面談がありました。

①質問に文章で答える
 
 →達成です。

具体的には、絵本を使って聞いたお話の質問に答えるという課題の取り組みですが、正しい文章で答えることも出来るし、自分なりの言葉をひねり出しながら相手に伝える工夫もできるとの事です。

ただ時折、お友達の答える順番なのに、答えが分かる自信からお友達をさえぎって答えてしまうことがあるので、今後も丁寧な対応が求められる部分とのこと。

ここはやはりADHDの衝動性の部分でもありますので、指導し続けなければいけません。

我慢することで得られる良い結果、その成功体験の積み重ねでスキルを身に付けていきたいところです。


②時間を見て行動する

→達成です。

よっくんのマイペースな部分に対しての取り組みと、就学を視野に入れて強化すべき部分。

具体的には、よっくんは支度や準備などで自分なりにこだわるところがあり、それがきちんとできるまでは時間を過ぎていても集団の輪に戻ってこないことがあったが

事前予告と時計とトークンを使うことで、順番も一番を狙いながらスキルが強化されてきたとの事。

(ちなみに家でも、自分なりの細かなこだわりは随所随所であって、多少ウンザリさせられることもあります、笑)


また一年に一度評価される園独自の行動チェック評価表においても、細かな項目の1つを除く全てにの評価(自立して行なえる)を頂きました。

ここ数年で積み上げてきたことが一目で分かるのがこの評価表なので、その成長にしみじみと感じたところです。


ただやはり、これだけの評価を頂いても親として“これで安心”と言うことにはなりません。

これからよっくん自身の関わる社会が広くなっていく中で、守られない状況下で過ごすことも多くなります。

その大きな不安は、お友達や人間関係の部分です。

複雑化してくる人間関係において、互いに傷つけあったりが出てくると思うのですが・・・

そういった部分をよっくんがどう自分自身で対処できるかが重要となってきます。

またそうならないためのスキル(危機回避)も、経験の中でどんどん身につけていってほしいところ。

親として、大きな大きな壁を前に感じながらも、それでも前に送りだしてやらなければならない現実に覚悟が必要です。

よっくんの、のびのびした生き方の妨げにならない様に、陰ながらしっかり見守って行きたいと改めて思いました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。