よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
只今、よっくんは5歳のお兄さんを目の前に、新たな目標に向かっています

ついこの前、同じマンションに住むお友達の自転車をお下がりにもらいました

ずっと前から駐輪場にあるこのトーマス自転車がよっくんもず~っと気になっていたのです。

注)よっくんはトーマスのディーゼル10は大嫌いですがトーマスは大好きです

まるでよっくんの元にやって来るべきであっかたのような嬉しい出来事でした



ならば!と・・・すぐに近所の自転車屋さんに持って行き、メンテナンスをしてもらいました


サイズは小さいですが二輪の自転車となると重みもあり、初めは支えるのも困難です。

自転車を引いて歩く・行きたい方向に舵をとる・一人でスタンドを立てる

自転車を自分で管理し、乗り手になる為のポイントを一つ一つクリアし

まずはペダルを外して、スライダーとして自由に乗り回している毎日です


夕方の涼しくなってきた時間に、マンション前のスペースで自主練しています

限られたスペースでは物足りなくなると、私と一緒に町内の裏路地を巡るお散歩です。

体育会系の厳しい私の指導もあってか、安心してお散歩できるまでに上達しました(笑)

自転車に乗ることでよっくんが目指すところの
“お兄さん”になることができ、また少し自信も付いてきたようです

ペダル装着までは長い道のりになるかも知れませんが、
さらにカッコいい“お兄さん”目指して親子で渇入れていきたいと思います


ちなみに以前の相棒です。
201201151232000.jpg
キックスクーターは同じ方の足で蹴り続けるので結構疲れるようです。
母心によっくんが寝た後、そっとふくらはぎをマッサージしていた私です・・・笑


いつもご訪問ありがとうございます!
気が向いた時に凸していただければ結構です
  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。