よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夕方“その時”は早くも訪れました。

自転車への道のりとしてペダルなしスライダーからスタートしたよっくんでしたが・・・

12日目にして、
ようやくペダル装着を許した厳しいコーチ(私)の気ままな判断が良かったのでしょう。

ペダル装着後、数メートルで見事に自転車を漕ぐことができるようになったよっくんなのです☆

「うっそ~! すご~い!! すごいじゃ~ん!!!」

初めから私の補助なども一切なく、つまずいてもすぐに蹴り出し何度も何度も漕いで

よっくんは自分の力だけで自転車を乗りこなせるようになりました リンリンリ~ン

驚きも喜びも隠せません 親子で大興奮です


みなさま、応援ありがとうございました!!(笑)


こんなにも素晴らしい達成感と喜びが、これまでにあったでしょうか・・・

この日、感動と興奮が冷めることなく帰宅した主人と喜びを分かち合ったのでした。

すぐにでも自転車に乗りたいよっくんはこの夜、
家の中で壁に手を掛け片足を持ち上げ“エアー自転車”を漕いでいました(笑)


(自転車なんて、まだまだ無理・・・ 当分はスライダーで十分)

これまでの私の評価は間違っていました・・・

でも成功へのプロセスはきちんと踏んでいたとコーチとしては自信があります。

お勉強もこんな風に上手く行くといいのに・・・小笑。


もちろん自転車には乗れるようにはなりましたが、自転車運転免許証は交付できません。

確実にブレーキを掛けれるようになるまで公道は走れませんし、
危険運転・迷惑運転をしないためのルール・人としての心得にはまだまだ訓練が必要です。

公園でたっぷり遊べる時期がこれからやってきますので、
気持ちの良い風を切って、ついでにお兄さん風を振りまいてきたいものです リンリンリ~ン


『よっくんは自転車がこげるようになりました。おめでとう!よくがんばりました☆』

首から認定書カードを下げ喜びもひとしおです。

家族にとって忘れられない一日となりました





ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加しています。気が向いた時に凸していただければ結構です
  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。