FC2ブログ

よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外かも知れませんが、よっくんは手先が器用です。
(もちろんその評価は断定できるものではなく、私の主観でもあります)

赤ちゃんの頃から床に落ちているゴミをつまんでは上手にお口に運んでいたからでしょうか・・・(笑)
(今だよく見かける光景ですけどね・・・)

絆創膏はよれることなく自分できれいに張ることが出来ます。

あっと言う間に(よっくんの)ブームは去ってしまいましたが・・・
LaQの立体パズルは指先の力加減が難しいのですが、器用にパチパチ組み立てていました。

細かなシールも集中して張ったり剥がしたり・・・
(まぁ、基本的に“剥がす”という行為にはとりつかれたようなところがあります。剥がれ掛けた壁紙や障子なんかは要注意です!!)

小さいゼリーのフタ・飴袋・お菓子袋の開封は、随分早い時期から自力でできていました。

要は、気持ちが傾いたところには潜在能力が発揮されるのでしょう(笑)


自転車はもう余裕しゃくしゃくで乗りこなしていますが、

リズムに乗って拍手する姿はどこか不器用・・・

チャイルドシートのちょっと複雑な着脱もセルフサービスでできるのに、

筆圧のコントロールはまだ難しく、紙の上ではあちこちでミミズが這っております・・・


凸と凹が身体機能にも表わされているようです。

よっくんの特徴を上手く捕らえることができれば、必要最低限で支援ができるのでしょうね。

よっくんの“できること”もこれからどんどん増やしていけるはずです。


ちなみに最近のよっくんはちょっとウンチがゆるく、パンツを汚してしまう毎日が続いております。

汚したパンツをお風呂場にもって行き、自分で洗って絞って洗濯機に入れると言う一連の行動が上手になったところです・・・笑




いつもご訪問ありがとうございます!
日々の時間に限りがあり、皆様へのブログ訪問が積極的にできない毎日ではありますが、
これからもどうぞよろしくお願いします。

週末はブログお休みします。
  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。