よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主人もようやく一歩を踏み出す気持ちになり、家族が同じ方向に向かうことができそうです。

最終的に主人の背中を一押ししてくれたのが、同僚や職場の仲間です。

主人自身もきっと頭では分かっていても、なかなか腹を据えることが出来なかった苦悩があったのでしょう。

しかし、よっくんも私も状況は同じです。

新しい土地で新しい生活に、期待よりも不安のほうが大きいのは正直なところ。

それでも、これまでの色々な積み重ねがあるからこそ、自信を持って前に進んで行きたいと思っています。

何事も、丁寧にじっくりこなしていくしかないわけです。

その繰り返しです・・・


ブログを通して多くの方に見守られ、今私達親子の歩みがあります。

皆様お一人におひとりに、感謝をお伝えしたい思いです。

二年半の短い間ではありましたが、“よっくんうちゅうのたび”を見て頂きどうもありがとうございました。

よっくんはたくさんの成長を見せてくれましたが、相変わらず“変わった子”だなと思いますし、よっくんに接していくのは簡単なことではありません。

よっくんらしさは、知らない人からは可笑しな目で見られることもあるでしょう。

それでも、よっくんにしかできない旅をしていってもらいたいとの願いは変わりません。


人に愛されながら、人と一緒に上手に生きていきながら、よっくんの人生が素敵なものでありますように・・・

そして、今後も皆様の健康とご幸多をお祈りしております。      こまり@


021_convert_20140325162102.jpg


『いいとも』も、今日で最終回。

ご一緒できて、光栄です(笑)                                          


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。