よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週一で通っている療育施設で、3学期に立てた個別目標の評価面談がありました。

①質問に文章で答える
 
 →達成です。

具体的には、絵本を使って聞いたお話の質問に答えるという課題の取り組みですが、正しい文章で答えることも出来るし、自分なりの言葉をひねり出しながら相手に伝える工夫もできるとの事です。

ただ時折、お友達の答える順番なのに、答えが分かる自信からお友達をさえぎって答えてしまうことがあるので、今後も丁寧な対応が求められる部分とのこと。

ここはやはりADHDの衝動性の部分でもありますので、指導し続けなければいけません。

我慢することで得られる良い結果、その成功体験の積み重ねでスキルを身に付けていきたいところです。


②時間を見て行動する

→達成です。

よっくんのマイペースな部分に対しての取り組みと、就学を視野に入れて強化すべき部分。

具体的には、よっくんは支度や準備などで自分なりにこだわるところがあり、それがきちんとできるまでは時間を過ぎていても集団の輪に戻ってこないことがあったが

事前予告と時計とトークンを使うことで、順番も一番を狙いながらスキルが強化されてきたとの事。

(ちなみに家でも、自分なりの細かなこだわりは随所随所であって、多少ウンザリさせられることもあります、笑)


また一年に一度評価される園独自の行動チェック評価表においても、細かな項目の1つを除く全てにの評価(自立して行なえる)を頂きました。

ここ数年で積み上げてきたことが一目で分かるのがこの評価表なので、その成長にしみじみと感じたところです。


ただやはり、これだけの評価を頂いても親として“これで安心”と言うことにはなりません。

これからよっくん自身の関わる社会が広くなっていく中で、守られない状況下で過ごすことも多くなります。

その大きな不安は、お友達や人間関係の部分です。

複雑化してくる人間関係において、互いに傷つけあったりが出てくると思うのですが・・・

そういった部分をよっくんがどう自分自身で対処できるかが重要となってきます。

またそうならないためのスキル(危機回避)も、経験の中でどんどん身につけていってほしいところ。

親として、大きな大きな壁を前に感じながらも、それでも前に送りだしてやらなければならない現実に覚悟が必要です。

よっくんの、のびのびした生き方の妨げにならない様に、陰ながらしっかり見守って行きたいと改めて思いました。



関連記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://komari123.blog.fc2.com/tb.php/516-68c45418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。