よっくんうちゅうのたび

一人息子の“よっくん”(6歳)は高機能自閉症と注意欠陥多動性障害を抱えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年の4月から月に一度でよっくんの生活面や学習面での個別指導を頂いていた“行動分析学”の先生との授業が先日で終了しました。

毎月出される課題の一つである暗唱も、何とか全てクリアーすることができ“目標に向かって最後までやり遂げること”を少し経験できたのではないかと思います。

暗唱の他に毎月プリント30枚が宿題に出され、家庭学習の中で取り組んできました。

生活面・学習面においては、授業以外でよっくんを直接指導するのは母親である私の役目ですので、主に私への指導という面が大きな意味をなしていたと思います。

生活・暗唱課題・家庭学習で取り組んだ具体的な内容を毎週レポートにしてメールを送らせて頂きました。

この一年間、先生の指導を実践し、各課題に取り組むことも容易なことではありませんでしたが、私にとってもよっくんにとっても非常にいい訓練になったと思います。

お陰でよっくんもやったなりの学力が付き、私もよっくんの行動を分析しながら工夫して指導することが身についたと思います。

生活面でも学習面でも、母親として冷静で的確な分析ができない状況もまだまだありますが、確実に次に繋がる反省ができるようになったと思います。


また、毎日の生活の中で“良い行動”をポイント制のトークン(ご褒美制度)にして溜まったポイントに応じてお買い物券を貯め、自分の好きな買い物をするようにしてきました。

大体月に2・3枚のお買い物券を獲得していたよっくんですが、最近はよほどのことがない限り無駄にお買い物券を使うこともなく、お財布の中には今も4枚のお買い物券が残っています。

もともとあまり物欲のないよっくんではありますが、それでもお金の価値を少しずつ考えながらお店でお買い物をするようになったことも大きな変化です。

「80円なら安いね、でも200円は高いね・・・えーっ!!1000円もするの??すごく高いね・・・」

お店で安い高いの品定めをしすぎて、こちらが恥ずかしくなることもしばしばです。

これまでの取り組み、実践が、目に見える結果となって現れるので、ますます工夫のある生活が楽しくなりました。

これからも労力を掛けながら子育てして行きたいと思います。

あっちゃん先生、一年間という短い間ではありましたが大変お世話になりました。

ご指導ありがとうございました!!



3.11

あれからもう3年が経ったのですね、

ちょうど幼稚園の入園を控えた時期の予期せぬ出来事でした。

卒園を控えた今も、あの日の映像、あの日の思いを、今日忘れることはありません。

よっくんの成長は3年間で大きなものを得ることができましたが、被災者の方々お一人おひとりにとってどんなに辛い3年間であったかを考えると複雑な気持ちです。

その成長を見届ることができなかった家族の思い、残された家族の言い知れぬ寂しさ・・・

3年で変わったもの、変わらなかったものは、どんなことでしょうか・・・

ふとそんなことを思います。

遠く離れた地で私に出来る最低限のことは、“あの日を忘れないよ。”と思いを寄せることです。


海のない山梨を故郷にもつ私は、小さい頃から海は憧れでした。

でも今は、海は本当は怖いんだなと言う事を知りました。

よっくんが、海で泳ぐのを怖がるのがわかります。

私達が自然に生かされていることを、恐ろしいほど思い知らされたあの日の出来事でした。

被災された方々の過ごす毎日が、少しでも笑顔多くなることを願っています。




先日の引越し準備で、よっくんはお向かいさんちの子とお友達になりました。

今度同じ小学校に上がる同い年の女の子です。

4年生のお兄ちゃんも一緒にお庭で遊ばせていただきました。

道一本挟んで目の前のお家なので、私は色々な作業をしながらよっくんの遊んでいる様子を見守りました。

それまでは静岡に引っ越すことに前向きではなかったよっくんですが、お友達ができたことで「またKちゃんと遊びたい」と少しずつ気持ちが前に進んでいる様子です。


今度引っ越す静岡の実家は、家の隣が蓋のないドブ川になっていたり、裏手が林の様にうっそうとしていたり、もう育たないと思われる鉢植えが手付かず状態でたくさん置いてあります。

また、実家の母屋と私達が住む離れの家との通路では、鳥やメダカなどをたくさん飼育しているので家を取り巻く環境があまりよくありません。

時に、鳥を狙った蛇が家の外をうろうろしていることもあるようです。

夏はドブ側のよどみから蚊が大量発生したりもします。

大きな蜂やねずみやゴキブリと遭遇することもありますし・・・

極めつけは、家の中でタランチュラのような巨大な蜘蛛を見かけても家の害虫を食べてくれるからと言って放っておきます。

大きな蜘蛛の巣ができていてもそのまま。

そんな光景が当たり前なのです。

家は古くても今のマンションよりは全然広くなりますし、掃除や整理整頓をすれば住めるところ・・・

しかし、虫や蛇は、私も勘弁してほしいものです。

ましてやよっくんなんてかなりのビビリ屋なので“静岡はいっぱい虫がいて嫌な国”と、いつまでも警戒が解けません。

たまに何日かお泊りするくらいなら我慢できた、と思えることはたくさんあります。

それもこれも、すべて承知の上です。

4月からは少しでも快適な新生活を送れるように改善できるところはしていきたいと思います。

まずは、ドブ川に蓋をしてもらおうかな・・・

(目の不自由なお義父さんも、何度か川に落ちているようですし)

市に掛け合ってみたいと思います。


よっくんには毎日のように、「よっくんが楽しい気持ちで毎日暮らせるように、お母さん頑張るね!」と説得しています。

我が子よ、案ずるな・・・

色んな意味で引越しが楽しみです。(片付け好きな私の血が騒ぎます、笑)






よっくんを見ていると、“最近また大きくなったな~”と感じます。

特に一緒に歩いていると、よっくんまでの視線の距離が近くなったと感じます。

身長115cm・体重18.5㎏

余分なお肉は一切なく、体つきも一段とガッチリな感じになりました。

まだまだあどけない可愛い表情は昔から変わらずですが・・・

そう遠くない将来、確実に“少年”へと変わっていくのかと思うと無性に寂しく思う程親として、よっくんの成長を実感します。

体だけでなく、おしゃべりも一段と上手になりました。

よっくんと話していると、彼の可能性の“無限”を感じるほど楽しくなります(笑)


こんな風に密な時間を過ごせるのも小学校までなのでしょうね・・・

勿論ある程度これからも親の指導や関わりは必要不可欠ですが、それでも今のように親がいつでも側にいるのは自然な形ではなくなるのでしょう。

うちは結局、子どもはよっくん一人だけですので、私自身の長い長い人生においても目に見える形で自分の子どもをめいっぱい可愛がることができる期間はあと数年しかないと言う事です。

家ではよっくんは幼い頃と変わらず、私の膝に座ったり、抱っこしたり、一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝たり・・・

そんなあたり前に過ごしてきた日々も、これからは変化し続けていくわけです。

嗚呼、愛おしい日々・・・

そんなに早く大きくならないでおくれ・・・


それでも、今までの密接な毎日に後悔はありません。

この七年間が必ずや親子にとって、互いの今後の長い人生の支えになると信じています。



3月に入りいよいよ転居に向けての色んなことを一気に進めていかなければならず、毎日カレンダーとにらめっこ・・・正直休まる時がありません。

どう考えても実質時間がありません・・・。

よっくんが幼稚園に行っているうちにしかできないこともあります。

何年も過ごした土地でのお別れも、ひとつひとつ丁寧にこなしたいとも思っているのでそういう点でも残された時間を有効に過ごさなければなりません。

このブログもあと何回更新できるだろうか・・・と負担や心配に思うところではありますが、最後までおろそかにはできません。

寒暖の差で体調管理も難しい時期、よっくんも何だか落ち着かない様子です。



とりあえず、まとまった日数静岡に行くことが出来たので、学用品の準備、学校訪問、何より倉庫化している実家の敷地内にある離れの家(私達の主な住まいとなる場所)の片付けを済ませてきました。

雨の中、ゴミ処理センターを何往復したことか・・・

昔一緒に住んでいたおばあちゃんの私物もまるっきりそのままになっていたので、余計に大変な作業でした。

日当2万円分ぐらいの働きはしたと思いますので、ある程度私の気が済む状態まで片す事ができ満足です。

それに、ゴミの処理の仕方は各自治体で違うのでしょうが、静岡市は家庭ごみは家電以外どんなものでも無料で引き取ってくれるので助かりました。

今回の同じ作業を東京でするとしたら、粗大ゴミ券が何枚あっても足りません。

ただし、どんなゴミも“ゴミ”として無料で扱うと言う事は、ゴミの分別作業にも経費が掛かっていないということなので、リサイクルに至らずエコではないのだろうと思われ残念な気もします。

主人の実家では古紙・ペットボトル・牛乳パック・食品トレーなども、全てが可燃ゴミとして出されてしまっているので(市の回収扱いもなし)、エコな活動を導入していかなければならないなと課題も見えてきました。


簡単に物を捨てることが出来ない主人のお母さんの協力も得られ、半ゴ〇屋敷状態だった離れの家が生まれ変わりました。

ついこの前まではここに住む事すら想像し難かったあの場所に、家具の配置など見えてくる生活スペースが蘇ったので気持ちが明るく新たになったところです(笑)

めでたし。

インフルエンザからの~引越し準備だったために、先週からほとんど屋外に出ていなかったよっくんなので、帰りは東名の富士川SAに寄ってたくさん遊ばせてあげました。

SAの富士川楽座と言う建物内には観光施設や子どもの遊び場が充実しており、期間限定の催し物やイベントもたくさんあります。

お近くを通った際には、是非お立ち寄り下さい!

028_convert_20140302232942.jpg
屋内とは思えない大きな遊具
030_convert_20140302233138.jpg
ダンボール迷路は大人気
032_convert_20140302233303.jpg
この程度は朝飯前のよっくんです
033_convert_20140302233416.jpg
この期間のイベントはレゴ展でした。



さあ、また今日からいっぱいいっぱいの一週間が始まります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。